献体について(白菊会等)

鹿児島大学へ献体するには、
鹿児島大学白菊会へ入会していただく必要がございます

今年度の募集は終了しました。
次回の募集日は未定です。

献体とは

医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することを献体といいます。
「自分の死後、遺体を医学・歯学の教育と研究のために役立てたい」とこころざした人が、生前から献体したい大学またはこれに関連した団体に名前を登録しておき、亡くなられた時、遺族あるいは関係者がその遺志にしたがって遺体を大学に提供することによって、はじめて献体が実行されることになります。
みずからの遺体を提供することによって医学教育に参加し、学識・人格ともに優れた医師・歯科医師を養成するための礎となり、医療を通じて次の世代の人達のために役立とうとすることに献体の意義があります。

解剖の種類と献体

解剖には、大きく分けて次のような種類があります。

  1. 人体の構造をしらべるための解剖(正常解剖)
  2. 死後、すぐ病変をしらべるための解剖(病理解剖)
  3. 変死体の死因をしらべるための解剖(法医解剖または司法・行政解剖)

献体に直接関係があるのは上記1の正常解剖で、医学・歯学教育の基礎といわれております。医学教育の最初にまず履修する「解剖学実習」がこれに当たります。良い医師・歯科医師を育てるためには、全身の構造を学ぶ「解剖学」の教育を充実させることが絶対に必要なことです。

 

上記内容は日本篤志献体協会ホームページに掲載されています。
詳しくは同協会ホームページをご参照下さい。

http://www.kentai.or.jp

鹿児島大学白菊会について

鹿児島大学白菊会は、会員の遺体を鹿児島大学医学部または歯学部に献体することによって、医学・歯学の発展に寄与することを目的としています。
また、総会を年1回開催し、会務報告を行うとともに、会員相互の親睦を深めています。

鹿児島大学白菊会への入会

本会に入会するには献体の意義を理解していただき、以下の条件を満たしていることが必要です。

  1. 鹿児島県内に居住している。
  2. ご家族(入会希望者よりも若い世代の方が望ましい)の同意を得られている。

上記1と2を満たしていない場合は入会出来ません。

その他入会をお断りする場合
  • 病原性の強い微生物に感染している方
  • 臓器移植を希望されている方(献眼についてはご相談下さい)など
入会をご希望される方は、直接白菊会事務局までお越しいただくか、電話でお問い合わせ下さい。

鹿児島大学白菊会事務局

TEL.099-275-5530

〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8丁目35-1
鹿児島大学医歯学総合研究科形態科学分野内

献体の実行

鹿児島大学白菊会会員が亡くなられた場合、ご遺族より鹿児島大学白菊会へ電話連絡して下さい。
打ち合わせの後、お迎えに上がります。

 

勤務時間内(平日午前9時から午後5時まで):鹿児島大学医学部技術職員がお迎えにあがります
勤務時間外:業務委託している葬儀会社がお迎えにあがります。

 

ご遺族の方へ

一度お迎えに上がりますと、火葬まで故人と会うことは出来ませんので、最後のお別れを済ませて下さい。

ご遺体は死後なるべく早く防腐処理をする必要がございますので、死後48時間以内に大学へお引き渡し下さい。

献体のお断りについて

死後48時間以内に大学にお引き渡し出来ない場合や、自殺、事故(損傷が激しい場合)、臓器を提供した、病原性の強い微生物に感染している、手術後あまり日数がたっていないなど、教育上やむを得ない事情で献体をお断りすることがあります。
詳しくは鹿児島大学白菊会事務局へお問い合わせ下さい。

鹿児島大学白菊会事務局

TEL.099-275-5530

〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8丁目35-1
鹿児島大学医歯学総合研究科形態科学分野内

 

鹿児島大学
鹿児島大学医学部
鹿児島大学病院
附属施設等