鹿児島大学医学部医学科長 河野 嘉文
鹿児島大学医学部
医学科長 河野 嘉文

 鹿児島大学医学部医学科は、南九州の医療ならびに保健を支える医師の育成を担う150年余りの伝統を受け継いだ使命を、医学部の理念及び教育目標として示し、多様性のある臨床医と医学研究者の育成を図っています。
 医学科では時代の要請に合わせ、2009年(平成21年)に大幅なカリキュラム改定を企画するにあたり、従来の伝統を継承しながら人材育成の使命を「教育のミッション」として下記のように制定し、意欲に満ちた学生が集まってくれることを期待しています。

医学科の教育目標(教育のミッション)

基本理念に基づき、鹿児島大学医学部医学科は、以下の能力をともに有した人材を育成する。
1)人を尊重し、人と地域社会のため最善の医療を実践する優れた臨床医
2)科学的思考力を有して生涯学習し、さらに医学、医療及び社会の発展に貢献する医師及び医学研究者

 医学科の全てのカリキュラム開発に先立ち、その基盤として使命を議論し、医学科の教育目標(教育のミッション)を明記したことが本学の特徴です。まず目的を定め、それを実践するために一貫性のある3ポリシー(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)を制定しています。

 2017年3月に日本医学教育評価機構(JACME)が世界医学教育連盟(WFME)の正式認証機関となり、2017年4月から国内の医学部・医科大学の医学教育分野別評価が開始されました。私どもはJACMEによる分野別評価をいち早く受審し、医学科における教育内容はWFMEが示す評価基準に適合していると認定されました。2018年4月1日から7年間の認定を獲得し、引き続き医学教育システムの改善に取り組もうとしております。
 本学の特色である臨床医学教育においては、実際の医療現場での実習が特に重要になりますが、鹿児島大学では鹿児島県、鹿児島県医師会をはじめ多くの地域医療機関や行政関係者のご協力をえて、離島やへき地を含む鹿児島県全域で特色ある臨床実習を行っています。地域との密接な連携には医学科卒業生の支援が不可欠で、鶴陵会(鹿児島大学医学部医学科同窓会)の諸先輩のサポートにより現在の臨床医学教育が実践できています。
 教職員をはじめ医学教育関係者が一丸となり、時代に即し、特色ある教育を維持・向上させ、社会環境の変化と地域のニーズを把握しながら、医学科の発展に尽くしたいと考えております。多方面からのご支援をよろしくお願い申し上げます。

(2018年4月)