各学科の専攻内容の学科の特徴・教員紹介については各ページでご確認ください。

医学部保健学科

明日を担う医療人をめざして

本学科は、看護学、理学療法学、作業療法学の3専攻で構成され、明日の医療を担う看護師、保健師(選択制15名)、理学療法士、作業療法士を養成します。カリキュラムは医療に必要な知識と技術が段階的に獲得できるよう工夫され、病院や施設での実習も組まれています。卒業後は多くの病院・施設に就職の機会があります。さらに高度な知識と技術を学びたい人は大学院保健学研究科への進学の道があります。

看護学専攻演習風景
看護学専攻演習風景

理学療法学専攻演習風景
理学療法学専攻演習風景


作業療法学専攻演習風景

看護学専攻

倫理観と科学的根拠に裏づけられた看護実践能力を身につけ、健康と福祉の向上に貢献できる看護の専門職者の育成をめざします。

理学療法学専攻

障害された身体機能を回復するために、理学療法学の知識と技術をもち、幅広い教養に培われた理学療法士の育成をめざします。

作業療法学専攻

心や体に障害をもつ人の機能の回復や維持、開発を促す知識と技術を備えた人間性豊かな作業療法士の育成をめざします。

保健学科が求める学生像

  1. 人を愛し、病める人のいたみを理解できる人
  2. 保健や医療に深い関心をもち、医療専門職への強い意欲のある人
  3. 保健学を学ぶために、幅広い基礎学力を有する人
  4. チームワークに必要な協調性をもつ人
  5. 探求心があり、物事に積極的に取り組むことができる人
  6. 地域社会や国際社会に関心のもてる人

保健学科の特色

当保健学科の教育の特徴としては早期医療体験学習、学外での臨地・臨床実習、離島医療実習、問題解決型の授業及び診療参加型の臨床実習等があげられます。また、「地域医療を担う医療人の養成」のために、離島医療に関する授業を入学から卒業までの期間に段階的・継続的に行っています。

大学院保健学研究科

当学科には大学院保健学研究科保健学専攻博士課程もあり、博士前期課程は看護学領域と理学療法・作業療法学領域の2領域、博士後期課程は保健看護学分野、神経運動障害基礎学分野、臨床精神神経障害学分野の3分野から成っており、以下のような人材育成に努めています。 また看護学領域には、助産師国家試験受験資格が得られるコースがあります。

博士前期課程 看護学領域

専門的立場から保健・医療・福祉に関する多様化したニーズに対応できる実践的な専門看護職者

博士前期課程 理学療法・作業療法学領域

現状の保健医療の改善を図る実践能力を持ち、地域の保健医療に貢献できる高度専門職 新しい医療技術や医療機器を開発できる卓越した専門職 実践の場でリーダーシップを発揮できる人材

博士後期課程

博士前期課程における教育・研究の基盤の上に、保健学に関する知識を一層深め、技術をより高める教育を行い、独創的な研究を進めることにより、高度な専門性と倫理観を身につけた教育・研究者の養成に取り組んでいます。

定員

保健学科

看護学専攻理学療法学専攻作業療法学専攻
80(+10)人 20(+5)人 20(+5)人

※( )内は3年次編入生

大学院保健学研究科

博士前期 看護学領域 理学療法・作業療法学領域
12人 10人
博士後期 保健学専攻
6人

カリキュラムの特色

カリキュラムの特色

卒業後の進路

看護学専攻

  • 医療機関
  • 福祉施設
  • 保健分野
  • 学校・企業関係
  • 行政関係の看護師・保健師
  • 大学院への進学

理学療法学専攻

  • 医療機関
  • 福祉施設の理学療法士
  • 大学院への進学

作業療法学専攻

  • 医療機関
  • 福祉施設の理学療法士
  • 大学院への進学

卒業・修了により得られる学位や国家試験受験資格など

保健学科

専攻看護学理学療法学作業療法学
学位 学士(看護学) 学士(保健学) 学士(保健学)
国家試験受験資格 看護師 保健師
(選択制)
理学療法士 作業療法士

大学院保健学研究科

博士前期 領域 看護学 理学療法・作業療法学
学位

修士(看護学)

修士(保健学)

国家試験受験資格 助産師(助産学コースのみ)
博士後期 専攻

保健学

学位 博士(保健学)
  • その他、保健学科看護学専攻で所定の単位を修めた卒業生は、保健師国家試験に合格し、県に申請することにより養護教諭2種免許を取得することができます。
  • 助産師教育は、大学院博士前期課程で行います。
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 島嶼・地域ナース育成センター
  • 共通教育
  • 医学部
Back to Top