博士前期課程

目的・教育目標・教育課程編成

 

【目的】

保健学に関する優れた専門知識・技術をもつ高度専門職業人並びに卓越した教育や研究のできる人材及び離島や国際的な保健医療活動の推進・充実に貢献できる人材を育成し、併せて教育研究の成果及び情報を広く提供し、社会に貢献することを目的とする。

 

【教育目標】

  1. 優れた専門知識・技術をもつ高度専門職業人の育成
  2. 学生の能力開発に効果的な教育や独自の研究ができる人材の育成
  3. 離島・へき地や地域の保健医療活動の充実、向上に貢献できる人材の育成
  4. 国際保健医療活動を推進できる人材の育成

 

【実施の方針〈カリキュラム・ポリシー〉】

博士前期課程では、教育目標に掲げる人材を育成するために、以下の方針に基づき教育課程を体系的に編成・実施します。

  1. 豊かな人間性と広い視野を獲得できるように大学院全学横断的教育プログラムや、博士前期課程共通 科目によって専門領域以外の様々な人々と共に学べるように編成します。
  2. 専門領域における基礎的能力を補強し、専門的学習を促進するために領域共通科目を配置します。
  3. 高度専門職業人としての優れた知識・技術を修得し、様々な地域における保健医療に関する課題を解決するための研究力、教育力を獲得できるように専門科目(特論・特別演習・特別研究)を配置しま す。
  4. 他専門領域を理解し、協働できるようになるために、他領域の専門科目を修得できるように編成します。

 

【学位授与の方針〈ディプロマ・ポリシー〉】

博士前期課程では、修士(看護学)、修士(保健学)の学位を授与するために、以下のような要件を満たす必要があります。

  1. 研究を行うための基礎的な能力を有している。
  2. 保健学に関する優れた専門的知識と技術を修得している。
  3. 地域の保健・医療において、高度専門職業人として果たすべき役割を実践する能力を有している。

そして、2年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文又は特定の課題についての研究の成果を提出し、上記の要件に応じた審査及び最終試験に合格した者に修士(看護学)、 修士(保健学)の学位を授与します。

 

博士後期課程

目的・教育目標・教育課程編成

 

【目的】

保健学に関する科学的探究心を培うことにより深い知識と高度な専門技術を習得した質の高い教育・研究者並びに離島・へき地や地域の保健・医療における管理・指導者となる有能な人材を育成し、併せて教育研究の成果及び情報を広く提供し、社会に貢献することを目的とする。

 

【教育目標】

  1. 高度な専門知識・技術を身につけた管理・指導者の育成
  2. 医療専門職としての質の高い教育・研究者の育成
  3. 離島・へき地や地域の保健・医療活動において管理・指導者として実践できる人材の育成
  4. 国際医療活動において指導者として貢献できる人材の育成

 

【実施の方針〈カリキュラム・ポリシー〉】

博士後期課程では、教育目標に掲げる人材を育成するために、以下の方針に基づき教育課程を体系的に編成・実施します。

  1. 保健学の基礎となる幅広い知識を基に、高度な専門的知識を修得できるように、博士後期課程共通科目を配置します。
  2. 専門分野における質の高い知識・技術を修得し、様々な地域における保健医療を発展させるための自律的な研究活動と教育活動能力を獲得できるように専門科目(特論・特別演習・特別研究)を配置します。
  3. 専攻している専門分野を広い視点から捉え発展させられるように、他専門分野の専門科目を修得できるように編成します。

 

【学位授与の方針〈ディプロマ・ポリシー〉】

博士後期課程では博士(保健学)の学位を授与するために、以下のような要件を満たす必要があります。

  1. 専門領域の実践・発展を支える科学的な根拠(エビデンス)を自律して探求・蓄積できる高度な研究能力を有している。
  2. 多専門職による職種を超えた協働・研究(インタープロフェッショナルワーク)を展開し、専門領域の深化・発展に寄与する能力を有している。
  3. 研究成果を地域の保健・医療の発展に応用できる知識・技術を修得している。

そして、3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文を提出し、上記の要件に応じた審査及び最終試験に合格した者に博士(保健学)の学位を授与します。

 

  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 島嶼・地域ナース育成センター
  • 医歯学総合研究科
Back to Top